犬と猫の腫瘍科(担当獣医師:水上浩一)

何故、腫瘍科が必要なのでしょうか?

 残念なことですが、犬も猫もその半分が悪性腫瘍で亡くなってしまう高齢化社会が進んできています。この恐ろしい病に立ち向かっていくため、専門的な知識を駆使して様々な獣医師が努力しています。癌の動物たちのQOL(quality of life:生活の質)を向上させるため腫瘍科が必要とされてきました。


腫瘍科医の仕事

 腫瘍科医の仕事は、オーケストラで言うと指揮者に当たります。全ての楽器は演奏できませんが、総括してすばらしい演奏に作り上げていくことです。

 外科手術、抗がん剤治療、放射線治療、補助療法、その他最新の治療を組み合わせて、いかに動物の幸せを作り上げていくか、そのプランを構築するのが大きな仕事です。放射線治療など新潟ではまだできない治療も多くありますが、病気の進行に合ったよりよい治療を御家族と一緒に考えていきます。